髪に悩む男性と薬を飲む男性

フィナステリドの特徴と薄髪で恥ずかしい思い

薄髪の抜け毛が多くなる事で、薄髪が無くなるのではないだろうかと不安に感じる人は多いものです。
抜け毛と言うのは毛の生えるサイクルの中で必ず起きる事ではありますが、抜け毛の量が多くなれば薄毛と言う事を連想してしまい、ハゲの状態になれば恥ずかしい思いをしなければならないと言った不安が大きくなります。
最近は薄毛に悩む人が多くなっていますが、若い男性の多くはAGAと言う男性型脱毛症の可能性が高く、早めに治療を受ける事で発毛を期待する事が出来る事に繋がると言われています。
AGAはホルモンバランスが乱れる事で毛周期を狂わせてしまい、育つはずの薄髪は途中で抜け落ち、薄くなった部分には高濃度のDHTと呼ばれている悪玉男性ホルモンが存在しているため、発毛組織の機能が停止してしまうので、薄髪が生えて来ない状態になります。
AGAが進行してしまう事で、薄い部分が大きく広がり、少々の薄毛だった状態でもそのままにしておけば薄髪が無い頭になってしまうなど、より恥ずかしい思いをすることになるリスクが在ります。

フィナステリドは前立腺肥大症治療薬として開発された医薬品だと言われていますが、フィナステリドを使用した治験の中で薄髪が生えると言う副作用が在ることが解り、研究が重ねられた事でAGAの治療薬として販売が開始されたと言った由来が在ります。
現在では、AGAの承認薬としてプロペシアが有名ですが、プロペシアにはフィナステリドが1mg含まれており、毎日1mgのフィナステリドを服用する事で悪玉脱毛ホルモンを抑制させることが出来るようになり、毛周期が正常な状態に導かれるようになります。
また、悪玉脱毛ホルモンを抑制する事で発毛組織が活性化し、発毛を期待する事が出来るようになります。