髪に悩む男性と薬を飲む男性

フィナステリドは人目を気にしないAGA治療の飲み薬

男性にとって薄毛の進行は精神的にも大きな心労やストレスとなりうるものです。
特に仕事や人間関係で人とよく合う方だと、どこか自分に対して引っ込み思案になったり、相手の目線が気になったり、または鏡に映る自分を目にするだけで自信喪失してしまうケースも少なくありません。
そういった薄毛症状を改善させるにあたっては、最初にきちんとその原因を特定した上で改善方法を模索するのがいちばんです。
そして近年、特に注目を集めている薄毛の原因がAGAという病気に他なりません。

AGAとは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が互いに反応してDHTという物質が分泌され、これを毛乳頭の感知機能が察知することで頭髪全体の成長サイクルを乱すような指令を出してしまうというもの。
こうして頭髪が抜け落ちて、なおかつ生え変わりのスピードも鈍化するので薄毛がひどくなっていくこととなります。

クリニックではこう言ったAGAを治療する上でフィナステリドという成分を含む飲み薬を処方しています。
一般的にはプロペシアという飲み薬の名称で知られていますが、これを一日一錠ずつ服用することでフィナステリドの働きが頭皮の酵素の活発化を抑制し、ホルモンと酵素が反応してDHTが作り出される分量を制限することで頭髪の成長サイクルを正常化させる効果があるのです。

もともとこのフィナステリドは前立腺肥大症の特効薬の開発中に偶然にもその発毛効果が見つかったもの。
その後は代表的なAGA治療薬として全国のクリニックにて活用されています。
薄毛改善のために使用される育毛剤などと違って持ち歩きが簡単で、なおかつ使用するのにも白い錠剤を口に入れて服用するだけですので外出中でも人目を気にすることなく処理することが可能です。
薄毛を治すための薬とバレる心配もなく、人目を意識して対処しなければならない手間暇もいらないので、安心して使える特効薬といえるでしょう。