髪に悩む男性と薬を飲む男性

フィナステリドやミノキシジルの薄毛へのメカニズム

AGAの治療に利用される医薬品は大きく別けると2つが利用されるケースが多く在ります。
これらの医薬品はフィナステリドを含むプロペシア、そしてミノキシジルと言う2つの医薬品になります。
何故2種類の医薬品を利用するのかと言うと、これらの医薬品はそれぞれ作用するもの、使用目的と言うものが異なるからなのです。

AGAはホルモンバランスの乱れが薄毛を引き起こすものであり、ホルモンバランスを乱しているのは悪玉脱毛ホルモンであり、悪玉脱毛ホルモンは体内酵素の5α-還元酵素、テストステロンの2つが結合し変換されたホルモンであり、プロペシアの成分でもあるフィナステリドは5α-還元酵素を阻害する作用が在るため、テストステロンが5α-還元酵素と結びつき、変換される悪玉脱毛ホルモンを抑制させることが出来ると言うメカニズムが在ります。

また、悪玉脱毛ホルモンは毛周期を乱す性質が在りますが、フィナステリドにより酵素が阻害されることで毛周期を正しくさせて発毛を期待する事が出来るようになると言う事です。
AGAの症状を持つ人の頭皮と言うのは、悪玉脱毛ホルモンや日々の生活の中での直射日光などにより頭皮環境が悪化しており、発毛した髪の毛を太く長く伸ばすためには育毛と言う治療を行う必要が在ります。

ミノキシジルは血管を拡張させる作用が在る医薬品で、高血圧症の治療薬が成分に含まれているのが特徴です。
薄くなっている部分にミノキシジルを塗布する事で頭皮環境を整えてくれる作用、血流を高めてくれるので髪の毛への栄養を運びやすい環境づくりを行うと言った特徴があります。
このことからも、フィナステリドは酵素を阻害すると同時に毛周期を正常化させて発毛を促す作用を持ち、ミノキシジルは育毛効果を持つと言うそれぞれの役割が在ると言う事です。