髪に悩む男性と薬を飲む男性

ブロンドヘアと薄毛にはフィナステリドとノコギリヤシ

日本人は遺伝的に黒い頭髪をしていますが、ヘアカラーを使えば、髪の色を自由に変化させることが可能です。
欧米人のように、ブロンドの髪の色にすることもできます。

しかし、ブロンドのような色に変化させるヘアカラーを使うと、薄毛の原因を作ってしまうリスクが高まります。
ヘアカラーは毛を染めるものですので、頭皮の色は変化しません。
ところが、ヘアカラーの中に含まれる成分が、頭皮を刺激して、悪影響を及ぼす危険を持っています。

頭皮が荒れると、すこやかな頭髪が生えてこなくなる心配が高まります。
ヘアカラーを楽しんでいる内に、頭皮に違和感を感じられたなら、使用を控えるようにしましょう。
そのまま使い続けると、薄毛の症状が進行する危険あるからです。

ヘアカラーの悪影響による薄毛ならば、使用を中止するだけで改善できる確率がとても高いといえます。
それでも薄毛が進行する場合には、AGAを疑ってみましょう。

AGAは男性型脱毛症という薄毛の症状で、男性ホルモンの変異が関係しています。
症状を食い止めるには、フィナステリドという薬剤が有効に働きます。
フィナステリドには男性ホルモンの変異を促す、酵素の働きを阻害する作用があります。
使い続けることで、薄毛の進行を食い止めたり、発毛できる環境を整えることが可能です。
しかし、フィナステリドには副作用があり、取り扱いがやや難しくなっています。

フィナステリドと似たような作用を持つとされるのが、ノコギリヤシという成分です。
天然成分であり、サプリメントにも配合できるほど、取り扱いが簡単です。
市販品として普通に流通しています。
副作用の心配もありません。
毎日のように摂取することで、薄毛対策ができます。