髪に悩む男性と薬を飲む男性

メンズ向け脱毛治療薬フィナステリドと副作用のかゆみ

フィナステリドとは男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアやフィンペシアに含まれる有効成分のことです。
フィナステリドそのものは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものであり、現在でも同様の目的で利用されていますが、その副作用として増毛効果があることがわかり男性型脱毛症の治療薬の有効成分として使われるようになっています。
男性型脱毛症は男性ホルモンが影響していることがわかっておりフィナステリドではその働きを抑制する効果があります。
このため男性ホルモンが原因による男性型脱毛症に対しては脱毛の原因を取り除くことができます。
一方で、フィナステリドは高い効果がある反面で身体のバランスを保つために重要なホルモンに作用するため副作用が出るリスクがあります。
特に知られるのが性欲減退や男性器の機能不全があります。特に性欲減退は顕著で頻度としては1%から5%未満と比較的高めです。また男性器の機能不全も1%未満であり、注意が必要です。
また、フィナステリドは外用薬ではなく内服薬ですので、かゆみなどの副作用は出ないとされています。
かゆみが出る脱毛治療薬は外用薬がほとんどであり、アレルギー反応によって引き起こされます。
しかし、フィナステリドを服用して頭皮でのかゆみなどが発生する可能性はゼロではありません。
かゆみの原因としては頭皮環境の変化があり、発毛が促されることで発生する場合があります。
この場合には頭皮での湿疹が考えられ、脂漏性湿疹の可能性があります。改善するためには湿疹を抑えるシャンプーが有効です。